あたまコネコネ雑多帳            

自分の感じたビックリハテナなことを、そっと呟きます。

プログラミング言語

Class.forNameでの発生例外

もう開発でJavaをいじり始めて数年経つけど、今更気づいたことを書いておこう。

Class.forNameを使ったとき、
例外として「ClassNotFoundException」があがることはJavadocに書いてるけど
NoClassDefFoundError」も特殊なケースだけどあがるのね・・

試したことメモ

★ClassNotFoundException
引数に、てんで間違ったクラス名を書いた場合に発生。
これはまあ、うん。

★NoClassDefFoundError
引数に、存在してるクラス名の大文字小文字を間違えて書いた場合に発生。
例えば・・・
Testクラスがあったとして、間違えて「TEST」と書いたら発生!

これ、やっぱりちゃんとキャッチして処理しないといけないよねぇ。。

Eclipse3.5.2のインストール+日本語化

最新のEclipseを入れようと思って、いろいろ見ていたら日本語化がどうのこうのあって地味に時間を取られたのでまとめておこう。

どうでもいいですが、エクリプスって「Eclipse」と、先頭が大文字で正式っぽい?
うん、どうでもいい(´・ω・`)


まずはEclipse本体のダウンロードから。
2010年3月26日現在の最新バージョンは「3.5.2」のようです。
3.6の情報もちらほらとあったりします、Eclipseってだいたい1年でバージョンアップするしね。
Eclipseだと「バージョンアップ」で正解・・?リビジョンではなさそう。
まぁこれもどうでもいいです。はい。

Eclipse本体は
こちらからダウンロードすればいいだけ。
種類がいろいろありますが、「Eclipse Classic 3.5.2」で良いと思います。
種類の詳細は、調べたほうが早い。。

さて次に日本語化。これには大きくわけて
・言語パック
・Pleiades(プレアデス)
・BlancoEclipseDistribution

とか、いくつかあるようでした。あんまり調べてないけど。。
Pleiadesのサイトを眺めると「Eclipse 3.3 以降の言語パックは Pleiades の訳が元になっており・・・」とあったんで、Pleiadesがよさげです。

Pleiadesのダウンロードは
こちらから。
最新版 1.3.x」で良いでしょう。
Pleiades01


今日現在、最新版はrevision 572ですね。
(download)からダウンロードしましょう。
Pleiades02


あとは・・・
Eclipseへのインストールは、いつも通りpluginsフォルダやらを上書き。

eclipse.iniファイルに以下を記載。
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

Pleiadesに付属している「eclipse.exe -clean.cmd」を叩いてEclipseを起動。
これで日本語化できていればOKです。
Let's Eclisep Life!

★おまけ
eclipse.iniファイルの以下の記述を削除すると、Eclipse起動時の画像がかこよくなります!
-showsplash org.eclipse.platform

Java言語

仕事でJavaを触りはじめてから約3年が経とうとしています。
プログラミング幼少期と比べると、自分でもよく成長したなぁとしみじみ。。というのは置いといて。

Javaについて、仕事で勉強させてもらったことを備忘録的に書いておこうと思ってカテゴリー追加してみます。
単発ネタを書いていくことになりそうな予感。

プログラミングはCから入ったんですけどねー
eclipse」という素晴らしい開発環境を触ってしまうと、もうVisualStudioとかいうあれには戻れません・・最初はあれに苦労させられた記憶しかない・・、マイクロソフトの罠は酷いものです。
日食万歳!

duke
Javaのマスコット「duke」

調べて初めてこいつの名前を知りました。
デュークっていうのか。デスノですの?